最新情報

2014年12月3日未分類
高級デリヘルの事務所は一流!!
2013年8月11日未分類
トイレ作りのポイントその⑤
2013年7月28日未分類
トイレ作りのポイントその④
2013年7月7日未分類
トイレ作りのポイントその③
2013年6月26日未分類
トイレや水道の下水道の知識を増やそう

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

高級デリヘルの事務所は一流!!

1.掃除を徹底すること

ゴミ・ホコリを徹底的に掃除します。それはキャストが出勤する前や、もしくは営業中でも行います。

病気の原因となるハウスダストなどの「不潔」はよくありません。

キャストに「汚い」なんて思われたら体験できた子たちも離れてしまうかもしれません。
☆テーブルにタバコの灰ゴミ、ホコリはないようにします
☆ソファーのスキマなども綺麗に掃除します
☆床にモノなど落ちてないかこまめにチェックを行います
☆トイレの中まで掃除機かけます。シャワートイレを完備します

など、キャストへの配慮や体調など崩さないようにきめ細かいところまで決まっています。

2.キャストのテンションや表情等を常にチェックする

キャストは、失恋などやプライベートで数多くの悩みがあります。
ですので、いろいろなことが起こりえます。

髪型を変えた、髪の色を変えた化粧を変えたというのを把握するのは当然の事

☆あれ?今日はなんか元気ないな
☆いつもよりテンション低いな
☆今日はため息が多いな
☆今日はやけにテンションが高いな

キャストは小さい子供の様に、常にサインを発信しています。

それを見極め、適切に対応してあげるのがキャストとの信頼を築くキッカケになります。

3.事務所を、会社、オフィス。そんな雰囲気作り
事務所や待機場所をマンションにしている店舗がほとんどですが、そこをいかに会社っぽい雰囲気に作りあげることが重要です

仕事をする時スーツ着用で行うのが始まりで、
ロッカーを設置したり、床をタイルカーペットにして、パーティーションで仕切りを設置したり工夫することがよりオフィスの雰囲気になります。

 

タグ

2014年12月3日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:未分類

トイレ作りのポイントその⑤

⑨三角型の汚物入れは、使い勝手もデザインも不評

トイレのなかで女性に最も評判が悪いのが、あの三角形の汚物入れ。

ふたの開閉が面倒だし、捨て口も狭くて入れにくく、すぐにいっぱいになってしまいます。

お掃除の邪魔にもなり、イメージも損なうので、設計当初から設置場所を検討する必要があります。

近頃は、壁面に内蔵する例も増えてきましたが、この場合、大きさが十分であること、す手口が広い事が大前提。

メンテナンスジに中身を取り出しやすい事も条件です。

 

⑩プッシュ式水石鹸は補充が大変

今全盛のカウンター式洗面所では、水石鹸のタンクはカウンターの下に埋め込んであります。

見た目にはスマートですが、実は水石鹸お補充が一苦労。残量が見えないし、カウンター側面が戸板になっている場合は、その開け閉めが重労働です。

このタイプの水石鹸を使う場合は、カウンター側面は開閉が楽な扉にしてはいかがでしょうか。

扉の内側は洗剤や道具類を収納できる棚になっていると便利です。

タグ

2013年8月11日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:未分類

トイレ作りのポイントその④

⑦ぬれやすいアンダーカウンター式洗面所

トイレの高級化が進む中、デパートやオフィスでも、ホテル並みの立派なカウンター式手洗いが流行になっています。

でも使い勝手から言うと、欠点があるのも事実。

とくに水洗金具が洗面器の外側についているアンダーカウンター式洗面器は、濡れた手で蛇口をひねるとカウンターは水でびしょびしょ。

うっかりバックもおけません。そこで、一工夫が必要。水洗を洗面器の内側に取りこんだり、洗面器をカウンターから一段落としこんで水の広がりを防ぐなどの方法が効果的です。

 

⑧高すぎる戸当たり兼用フックは女性泣かせ

小柄な私がトイレでよく困るのは、荷物を掛けるフックが高すぎること。

特に戸当たり兼用の高いフックが一つしかない場合、ショルダーバックの柔らかいひもがフックにひっかからず苦心することがしばしば。

他にカメラや資料などがあると大弱りです。

これは私に限らず多くの女性が困っていること。

オフィストイレといえども通勤時間には荷物もあるので、フックは上部に一つと、低い位置にもう一つ最低2か所は欲しいものです。

 

タグ

2013年7月28日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:未分類

トイレ作りのポイントその③

⑤大きすぎる鏡は掃除が一苦労

最近新しいトイレでよく見かける天井までの大きな鏡。空間を広くすっきり見せる効果はあるのですが、お掃除する人にとっては何とも面倒な代物です。

背伸びをしても上まで手が届かないので、誰もいない時を見計らってカウンターに上がって吹いているのが現状。

使い手側から見ても、自分の身長より高い鏡は姿を見るという意味からは不必要。それより全身が映る鏡が適切なところにあると、身だしなみチェックに役立ちそうです。

 

⑥ブースの前に並ばないために工夫を

ブースごとに並ぶのではなく、手前に大きな列を一つつくり、そこから順番に空いたブースに入って行く。

海外では以前から一般化していたスタイルが、日本でも取り入れられてきました。

運、不運がなく合理的なので、私もこの方法には大賛成。でも、定着のためには、人の流れをスムーズに導く設計上の配慮が必要です。

待ちスペースとしてのアプローチを十分とり、待ち方を示す案内サインを床や壁につけて注意を促すといいでしょう。

タグ

2013年7月7日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:未分類

トイレや水道の下水道の知識を増やそう

常日頃、何気なくつかっている水道まわりの環境ですが、そんな何気なく利用しているライフラインの環境ができあがるまでには、時間も労力もかかっているという事を理解しておきましょう。
今ではもう当たり前の環境ではありますが、その当たり前の環境も誰かが頑張ってインフラを整えてくれて、今の生活環境があるわけです。

このサイトでは、トイレの歴史などについてまとめているサイトですが、ここで、どうやって今の快適なトイレができてきたかを理解しておけば、知識も増えるはずです。
そんな水道やトイレの器具も昔と比べ快適に進化を続けてきていますが、やはり使い方によってはどうしてもトラブルに見舞われる可能性があります。
特にトイレつまりや、水道の水漏れなどはトラブルの中でも問い合わせの多いものです。

せっかく下水道や排水管などの知識を得ても、トラブルにあってしまってはもったいないですよね。
軽度のレベルのトラブルであれば、ご自身で治せる場合もありますが、重度になってしまうとご自身で直せるレベルではなくなってきてしまいます。
そんな時は、残念ですが、水道修理業者に依頼しましょう。

ただ、水道修理業者はプロなので、しっかり安全に直してくれるので、そのような場合も想定して、水道修理屋さんがいる。という知識だけでもあると日頃の生活が安心になりますよ!

タグ

2013年6月26日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:未分類

トイレ作りのポイントその②

③呼びのペーパーをどこに置くか

せっかく美しくデザインされたトイレも、呼びのペーパーがタンクの上や棚、三角形の汚物入れの上にむき出しになっていたり戸当たりフックに突き刺さっていたりしたら、イメージも台無しです。

便利でスマートな収納方法を設計段階から検討し、プランに組み込んでおくことが必要です。その時気をつけたいのは、取り換えや補充のしやすさ、盗難対策など、補充作業の効率化はメンテナンス費の削減にもつながります。

 

④ブースが狭いと掃除もしにくい

ブースの広さは最低800×1000ミリ。現在主流のものは、それよりやや大きめですが、要を足すための必要最小限の広さにすぎず、日本人の体位向上を考えれば明らかに狭すぎます。

掃除のときにはさらに不都合、便器と壁の間が狭いので掃除機がかけにくかったり、便器の向こう側に手が届かなかったり、清掃時の動きを考慮した十分な広さを確保しておくことが大切です。

タグ

2013年6月20日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:未分類

トイレづくりのポイントその①

①トイレの男女比は利用状況に合わせて!

男性用トイレはガラガラなのに、女性用には長蛇の列、映画館やデパートのみならず、オフィスでもよくみられる傾向です。

外回りが多い男性に比べ、女性はオフィスにいる時間が長く、化粧や身づくろいのためトイレの利用時間も長いのが一般的。

働く女性の増加に合わせて、従来のような男女同数の平面計画を見直す必要があります。

設計前に社員の男女比や利用状況を十分検討し、実情に合った柔軟なプランニングが望まれます。

 

②場所によってブースのタイプも多様に

デパートや公共トイレでは、際kにブースの形も広さも多様化しています。親子でゆったり入れるブースがあったり、着替えスペースがついていたり。

でも、オフィスでは、以前として同じ型のブースがずらりと並んだ設計が主流です。

来客が多いロビー階や外部の人も利用するレストラン階では、ブースの広さや昨日にも工夫がほしいもの。

全館ワンパターンではなく、場所や用途に応じてトイレも作り分けては如何でしょうか。

タグ

2013年5月30日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:未分類

OLの8割が、会社で歯磨き

オフィスでの歯磨きには、興味深い現象が見られました。女性の歯磨き派は第一回調査の51%から81%に急増。4年間で30%もアップし、OKたちの間では、食事のあと出かける前に歯を磨く習慣は、いまや常識になりつつあります。

磨く場所は、男女とも大多数がトイレの洗面、歯ブラシの置き場は、男性は机の引き出しがトップで以前と同様、しかし女性は以前はなかった「トイレないのミニロッカーや棚」と答えた人が12%もいて、商品開発の進展ぶりを示しています。

タグ

2013年5月20日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:未分類

高まる「おしり洗浄トイレ」のニーズ

関心の高まりとともに、トイレへの要望も多様化、高度化しています。

会社のトイレに望ましい設備は?の質問で、目立ったのがおしり洗浄トイレを望む声。男性15%から65%に増え、女性も22%から52%へ増えました。

おしり洗浄トイレの定着ぶりがうかがえます。

同様にペーパータオル、シートペーパーを望む声も増え、便利さ、快適さへの欲求は年々高まる傾向です。

タグ

2013年4月9日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:未分類

デパート、駅の次はオフィスビルのトイレ革命

初めてオフィスビルのトイレを調査したのは、「オフィスのトイレに満足ですか」をテーマに200人のサラリーマンとOLにアンケートをお願いしました。

それから4年後、同じ内容のアンケートを300人を対象に実施。

両方の結果を比較すると、ここ数年のオフィスの水まわりの進化や人々の意識の変化を知ることができました。

2回目の調査で「ここ4年間にオフィスの水まわりの改装、新築をした」と答えた人は66%。

この高い数字には驚かされました。

そういえば、最近仕事で訪れるオフィスのトイレも以前とようすが変わっているところがよくあります。

例えば、丸の内にある大企業の本社では、女性用トイレに化粧ケースのミニロッカーやフィッティングコーナーが増設されましたし、新しいビルを訪れると、水まわりに力を入れた。と設計者やオーナーが力説されたり、新しい動きが出てきた事を実感します。

タグ

2013年3月14日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:未分類

このページの先頭へ